米国株(US STOCK)

ウォールストリートの支配者 ゴールドマンサックス

ゴールドマン サックス(GS)

  • 産業: 金融サービス
  • 業種:銀行
  • 企業概要

ゴールドマン・サックスは、世界的な総合金融グループで、主な事業は以下の3つです。

1つ目は、投資銀行業務およびトレーディング業務です。企業の資金調達や合併・買収などの助言を行うほか、債券や株式、為替、商品の売買を行っています。

2つ目は、資産運用業務です。年金基金や富裕層向けに、様々な資産への投資運用と助言を行っています。

3つ目は、個人向け金融サービス業務であります。クレジットカードの発行や、決済ソリューション、デジタルバンキングなどのサービスを提供しています。

このように、ゴールドマン・サックスは投資銀行、資産運用、個人向け金融と幅広い分野で事業を展開している総合金融グループです。

最新の決算

ゴールドマンサックスは、2024年第1四半期において、好調なパフォーマンスを示しました。

売上高は前年同期比27%増の321億6,000万ドルに達しました。

一方、最終利益も前年同期比27%増加して39億3,000万ドルとなりました。

部門別に見ると、投資銀行および売買業務部門が97億3,000万ドル(前年比+15%増)、資産運用および資産管理部門が37億9,000万ドル(前年比+18%増)と堅調に推移しました。

さらに、北米部門は91億8,000万ドル(前年比+28%増)、アジア太平洋部門は15億6,000万ドル(前年比+8%増)と大幅な増収を記録しています。

投資リスク

今後、米国内外の景況感の悪化、資源価格の変動、不動産や株式の価値下落、貸出先企業の経営状況の変化や経済環境の変化などにより、当グループの貸し倒れ債権および貸出関連費用が増大する可能性が存在します。

さらに、当グループはデリバティブを含む様々な金融商品取引を幅広く営んでおり、多数の金融商品を保有していることから、米国内外の金利動向、為替相場の変動、有価証券等の市況変動の影響を受ける可能性があります。

まとめ

ゴールドマン・サックス(GS)は、その総合的な金融サービスにより、多様な経済環境での機動力と安定性を備えています。

2024年第1四半期の業績は、同社の多角化された事業戦略が成功していることを示しており、特に投資銀行部門と資産管理部門の成長が目立ちます。

売上高と利益の大幅な増加は、市場での競争力と効率的な運用が高い水準で維持されていることを反映しています。

投資先としてのゴールドマン・サックスの魅力は、その収益性の高さと安定した財務基盤にあります。

ただし、投資リスクとしては、経済環境の変動、金利や為替の変動など外部環境に左右される要因が存在します。

それでも、同社はこれらのリスクを管理し、長期的に持続可能な成長を目指していけるかどうかが注目されます。

-米国株(US STOCK)
-, ,