投資の格言

パラダイムシフトが起きているらしい、では我々投資家はどうすべきなのか?

"Look around, and ask yourself: Are investors optimistic or pessimistic? Do the media talking heads say the markets should be piled into or avoided? Are novel investment schemes readily accepted or dismissed out of hand? Are securities offerings and fund openings being treated as opportunities to get rich or possible pitfalls? Has the credit cycle rendered capital readily available or impossible to obtain? Are price/earnings ratios high or low in the context of history, and are yield spreads tight or generous? All of these things are important, and yet none of them entails forecasting. We can make excellent investment decisions on the basis of present observations, with no need to make guesses about the future".

「周囲を見回して、自問自答してみてください: 投資家は楽観的か、悲観的か。メディアの論調は、マーケットに投資すべきと言うのか、避けるべきと言うのか。斬新な投資スキームはすんなり受け入れられるのか、それとも頭ごなしに否定されるのか。証券募集やファンド募集は、一攫千金のチャンスとして扱われているのか、それとも落とし穴として扱われているのか。信用サイクルによって、資本は容易に手に入るようになったのか、それとも手に入らなくなったのか。株価収益率は歴史的に見て高いのか低いのか、イールドスプレッドは狭いのか広いのか。これらはすべて重要なことだが、いずれも予測を伴わない。私たちは現在の観察に基づいて優れた投資判断を下すことができ、将来について推測する必要はない」。

ハワード・マークス

投資で最も重要なことは、将来に何が起こるかを見極めることではなく、今何が起こっているかを理解することである。

出典不明

これらの格言は、投資の世界でよく引用されるものです。

現在の状況の理解

これらの言葉の核心は、現在の市場や企業の状況を深く理解することの重要性にあります。

将来の市場動向や経済環境を正確に予測することは困難です。

しかし、現在起こっていることをしっかりと把握し、理解することは可能です。この理解が、リスクを管理し、賢明な投資決定を下すための基盤となります。

長期的な視点

世界で最も成功した投資家の一人として知られているウォーレン・バフェットは、長期投資の重要性を常に強調しています。

短期的な市場の変動に一喜一憂するのではなく、企業の本質的な価値や業績を基にした長期的な視点を持つことが重要です。

現在の状況を深く理解することで、長期的な成功につながる投資判断が可能になります。

情報の質と分析

現在の状況を理解するためには、正確で信頼性の高い情報が不可欠です。市場の噂や短期的なトレンドに惑わされることなく、客観的なデータやファンダメンタルズ分析に基づいて判断を下すことが大切です。

まとめ

これらの格言は、投資家が現在の市場と企業の状況を正しく理解することの重要性を教えてくれます。将来は予測不可能でも、現在の状況は分析可能です。この理解があれば、長期的な視点で賢明な投資決定を下すことができるでしょう。

-投資の格言