広告 投資の格言

強気相場は如何にして産まれ、そして滅びるのか?

"Bull markets are born on pessimism, grow on skepticism, mature on optimism, and die on euphoria".

"強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、陶酔の中で消えていく"

ジョン・テンプルトン

この格言は、株式市場のサイクルと投資家の心理を表現しています。

悲観の中で生まれる

強気相場は通常、市場が悲観に満ちている時に始まります。

経済が不調で、ほとんどの投資家が株式市場から離れている時期です。

価格が低下し、多くの人が投資のリスクを避けるようになる中、機会を見出す投資家が現れます。

この時期に投資することは、大きなリスクを伴いますが、同時に大きなリターンの可能性もあります。

懐疑の中で育つ

市場が回復し始めても、多くの投資家は依然として懐疑的です。

彼らは市場の回復を一時的なものと見なし、すぐに再び下落すると考えがちです。

しかし、この段階では、先見の明を持つ投資家やリスクを取る意欲のある者が市場に参入し、徐々に価格が上昇します。

楽観の中で成熟する

市場が持続的に成長を続けると、一般の投資家もその成功を認識し始めます。

メディアや専門家が市場の強さを報じ、更なる投資を促します。

この時点で、多くの人が市場に参入し、株価はさらに上昇します。

楽観は市場の成長を加速させますが、過度の楽観はリスクを見落とす原因ともなります。

陶酔の中で消えていく

最終的に、市場は陶酔の段階に達します。

この時期は、市場参加者の過度な自信と無制限の成長への期待に特徴づけられます。

株価は実際の価値を大きく上回ることが多く、バブルが形成されます。

しかし、この過熱した市場は持続不可能であり、最終的には修正が行われ、強気相場は終わりを迎えます。

この格言は、市場の周期的な性質と投資家心理の重要性を強調しています。

投資家はこのサイクルを理解し、市場の感情に流されず、客観的な判断を行うことが重要です。

-投資の格言