日本株

日本フエルト、過去10年間の通期業績とキャッシュフロー推移を分析

ただで買えるほど割安 配当利回り4.29%の高配当株

上記の記事の続きです。

日本フエルト、2025年3月期は大幅回復予測!営業利益49.6%増

2025年3月期の予測では、売上高は105億円で、前期比4.1%の増加が見込まれています。営業利益は7億円で、前期比49.6%の大幅な増加が期待されています。経常利益も9億円で、前期比35.7%の増加、当期利益は7億円で、前期比43.7%の増加が予測されています。

2024年3月期は、売上高が101億円で前期比3.0%減少し、営業利益は4.68億円で前期比43.2%減少しました。経常利益は6.63億円で前期比37.2%減少、当期利益は4.87億円で前期比35.1%減少しました。

全体的に見ると、日本フエルトの業績は2024年に減少傾向を示しましたが、2025年には大幅な回復が予測されています。特に営業利益、経常利益、当期利益の増加が期待されます。

営業CF減少も投資拡大!日本フエルトの2024年キャッシュフロー分析

2024年3月期の営業キャッシュフローは6億円で、前年の10億円から減少しています。投資キャッシュフローは-10億円で、積極的な投資活動が続いていることがわかります。財務キャッシュフローは-14億円で、借入返済や配当支払いが増加しています。結果として、フリーキャッシュフローは-4億円となり、現金・現金等価物の残高は33億円に減少しました。

2023年3月期の営業キャッシュフローは10億円、投資キャッシュフローは-6億円、財務キャッシュフローは-3億円でした。フリーキャッシュフローは5億円で、現金・現金等価物の残高は50億円となりました。

過去数年間を通じて、日本フエルトは安定した営業キャッシュフローを維持している一方で、投資活動も積極的に行ってきました。しかし、2024年3月期にはフリーキャッシュフローがマイナスに転じており、財務活動による現金流出も影響しています。今後の課題としては、投資効率の向上と営業キャッシュフローのさらなる強化が重要となります。

-日本株
-,