日本株

横河電機、長期上昇トレンド - 部品供給改善と価格改定で業績絶好調

個別株投資を行う際に、どの株を選ぶべきか、投資タイミング、そしてリスク管理の方法に悩んでいませんか?

横河電機の詳細な株価分析と成長戦略を理解することで、これらの悩みを解決できます。

この分析を通じて、横河電機の株価成長の見込みや企業の強みを詳しく理解できるため、投資判断の質が向上します。

株式投資にはリスクが伴いますが、横河電機のような成長企業に投資することで、そのリスクを大幅に軽減し、高いリターンを得るチャンスが広がります。

横河電機は今後3年間で1500億円以上の営業キャッシュフローを生み出し、そのうち1000億円以上を企業の買収や提携に充てる計画です。

このような積極的な成長戦略を知ることは、最新の投資情報として非常に価値があります。

また、世界市場での競争力を高め続ける横河電機の最新戦略や業績改善の詳細を知りたいと思いませんか?

このレポートを読むだけで、横河電機の成長ポテンシャルを簡単に理解でき、投資判断がスムーズに行えます。

横河電機のPERは20.8倍、PBRは2.33倍、配当利回りは1.48%です。さらに、2024年5月には最高値の4166円を記録し、安定した成長を続けています。

これらのデータを基に、安心して投資判断ができるでしょう。

横河電機、利益20.8倍評価 - 株価3916円の成長企業

まず、横河電機の株価は3916円です。時価総額は約1兆519億円で、これは会社全体の価値を表しています。

横河電機は電気機器の分野で活躍しており、プライム市場に上場しています。

次に、いくつかの指標について説明します。

  • PER:これは株価収益率と言います。横河電機のPERは20.8倍です。これは、株価が利益の何倍になっているかを示す指標で、高いほど市場から高く評価されていることを意味します。
  • PBR:これは株価純資産倍率です。横河電機のPBRは2.33倍です。これは、株価が純資産の何倍になっているかを示します。この数値も高いほど会社の価値が高く評価されていることを示します。
  • 配当利回り:これは株主に対する配当金の割合です。横河電機の配当利回りは1.48%です。これは、1年間でどれくらいの配当がもらえるかを示すもので、株主にとっての魅力の一つです。

これらの指標を見ると、横河電機は電気機器を作る大きな会社で、利益や資産に対して高い評価を受けていることがわかります。

横河電機、長期上昇トレンド -現在も高値圏を維持

このチャートは2021年6月18日からの横河電機の株価の動きを示しています。

まず、2021年6月18日の始値は1698円、高値は1743円、安値は1686円、終値は1715円でした。

株価は上下を繰り返しながらも全体的に上昇しています。

特に注目すべきポイントをいくつか見てみましょう。

  • 2021年11月4日には2393円の値をつけました。
  • 2022年2月24日には1753円まで下がっていますが、再び上昇に転じました。
  • 2022年11月2日には2742円を記録し、2023年2月24日には2011円まで下がったものの、その後再び上昇しました。
  • 2023年11月8日には3165円、12月25日には2631円を記録しています。

そして、2024年5月23日には最高値となる4166円をつけています。

この期間全体を通して、株価は長期的に上昇トレンドを示しています。

最後に、現在の株価は約3916円で、依然として高い水準を保っています。

このチャートを見れば、横河電機の株価が安定的に成長していることがわかります。

横河電機、世界を駆ける制御システムのリーダー - 海外売上73%の実績!

横河電機は、石油や化学工場の設備を管理するシステムを作る会社であり、測定器も製造しています。

また、海外での活動も盛んです。2023年3月期の事業構成は、制御システムが94%、測定器が5%、その他が1%を占めています。

特に注目すべきは、全体の売上のうち73%が海外からの収益である点です。

今年の3月末時点での受注残高は前年より2%増加し、3982億円に達しました。中東やアフリカからの大規模な注文が寄与しましたが、コンサルタントの雇用費用がかさみ、営業利益は若干減少しました。

横河電機は今後3年間で1500億円以上の営業キャッシュフローを生み出し、そのうち1000億円以上を企業の買収や提携に充てる計画です。

さらに、5年間で売上高と受注高を毎年10%以上増加させることを目指しています。

これらの戦略により、横河電機は成長を続け、グローバル市場での競争力をさらに高めることが期待されています。

横河電機、部品供給改善と価格改定で業績絶好調 売上836億円増加

2024年3月期の通期業績については、生産に必要な部品やプロジェクトのための材料を手に入れるのが簡単になり、商品の価格を上げたことが成功しました。

さらに、コロナによるパンデミック後にたくさんの注文が入り、それが売上に反映されました。為替レートも影響して、売上は去年より836億円も増えました。

営業利益は、売上が増えたことで粗利益(売上から直接かかった費用を引いた利益)も増えたため、去年より343億円増えました。

また、経常利益(通常の商売で得た利益)も去年より354億円増加しました。

今年の最終的な利益(親会社株主に帰属する当期純利益)は、海外の子会社に関する特別な損失を計上しましたが、経常利益の増加や投資で得た利益があったため、去年より227億円増えました。

エネルギー需要堅調も先行投資増加で減益予想 - 2025年3月期の見通し

-日本株
-,