日本株

爆上げの予感!日本がリードする次世代エネルギー銘柄3選

日本が世界に誇る!次世代太陽電池の秘密

皆さま、こんにちは。きらくです。

突然ですが、皆さんは太陽光発電が最も発電する時期がいつかご存知でしょうか?意外にも、日照時間が長い夏ではありません。答えは後ほどお伝えしますので、考えてみてください。

どこでも発電、いつでも充電!ペロブスカイト太陽電池の革新

今日お話しする新しい太陽電池技術は、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めています。

その新技術、ペロブスカイト太陽電池の特徴をご紹介します。ペロブスカイト太陽電池は、従来の厚くて重い太陽光パネルと異なり、柔らかい素材の上にも作ることができる、薄くて軽い太陽光電池です。

「軽いだけじゃ意味ないんじゃない?」そう思う方もいるでしょう。でも、軽いということは設置できる場所が格段に増えるということなんです。

例えば、ビルの壁面、車の屋根、さらにはリュックにだって貼り付けられるかもしれません。まさに「どこでも発電、いつでも充電」の時代が来るかもしれないんです!

しかも、ペロブスカイト太陽電池の主な原料であるヨウ素は、日本の生産量が世界シェアの約3割を占めており、世界第2位なんです。

そのため、エネルギーという大事なサプライチェーンを他国に頼らずに安定して確保でき、経済安全保障の面でもメリットがあります。

ちなみに、ヨウ素のシェア世界第1位はチリで約6割を占めています。

さらに、ペロブスカイト太陽電池は材料をフィルムなどに塗布・印刷して作ることができるため、製造工程が少なく、大量生産ができ、低コスト化が見込まれています。

まとめると、ペロブスカイト太陽電池は、①軽くて柔軟、②主要材料は日本が世界シェア第2位、③低コスト化が見込める、といった強みがあり、次世代エネルギーとして注目を集めています。

新技術のリスクと可能性 ペロブスカイト太陽電池への投資がもたらす社会貢献

「でも、新技術って結構リスクが高いんじゃないの?」そう心配する方もいるでしょう。確かに、現時点ではまだ課題もあります。

例えば、耐久性の問題など、乗り越えるべきハードルがいくつかあります。

「じゃあ、まだ投資するには早いんじゃないの?」そう思った方、ちょっと待ってください。

こうした課題こそ、私たちが太陽電池の開発や電池の原料を供給している企業に投資して、研究開発を間接的に支援することで解決に近づくかもしれません。

「早くから投資して、技術の発展を後押しする。そして、その恩恵を社会全体で享受する。」これも投資家としての一つの社会貢献だと思います。

さて、冒頭のクイズの答えですが、太陽光発電が最も発電する時期は実は5月なんです!意外ではないでしょうか?

多くの人は真夏だと思いがちですが、実は違うんです。

なぜかというと、暑すぎると太陽光パネルの性能が落ちてしまうからです。真夏の30℃を超えるような気温だと、パネルの表面温度は最大70℃~80℃にもなってしまいます。

しかし、太陽光パネルの主成分であるシリコンは、高温になると性能が低下する特徴があります。

一方、春は日照時間が長くなり、ある程度涼しく晴天も多い季節です。このバランスが、太陽光発電には最適なんですね。

政府も支援する次世代エネルギー技術

ここで、「ペロブスカイト太陽電池の開発はどの程度進んでいるの?」という疑問が湧いてくるかもしれません。

現在のペロブスカイト太陽電池は、耐久性は10年程度、発電効率も15%くらいの性能です。太陽電池の発電効率とは、太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換する際の効率のことです。

15%という数字は、実はそれほど悪くありません。しかし、どういう意味なのか、もう少し詳しく解説します。

想像してみてください。あなたが100円を投資して、15円のリターンがあったとしたら。「えっ、たった15円?」って思いますよね。太陽電池の15%効率も、そんな感じなんです。

つまり、太陽光が100単位のエネルギーを持ってきたとすると、太陽電池は15単位の電気エネルギーに変換できるということ。残りの85単位は熱になったり反射されたりして、電気にはならないんです。

「それって効率悪すぎない?」って思いますよね。でも、実は現在主流のシリコン太陽電池でも、一般的な効率は15-20%程度なんです。

つまり、ペロブスカイト太陽電池は、まだ改良の余地はあるものの、すでに実用レベルに近づいているんです。

日本政府も本気!ペロブスカイト太陽電池の実用化に向けた巨額投資と優遇制度

また、日本政府はペロブスカイト太陽電池について、2025年の実用化を目指す考えを表明しています。

そして、「グリーンイノベーション(GI)基金」という2兆円もの基金を作って、498億円もの資金をこの開発に投じているんです。

さらに、日本政府は再生可能エネルギーの電力を高く買う固定価格買い取り制度(FIT)で、ペロブスカイト太陽電池を優遇する計画です。

計画としては、2025年度にもペロブスカイト太陽電池による発電をFITに加え、通常の太陽光発電より電力を高く買い取るとしています。

曲がる太陽電池を優遇 経産省、電力買い取り額上乗せ - 日本経済新聞 経済産業省は再生可能エネルギーの電力を高く買う固定価格買い取り制度(FIT)で、軽くて曲がる次世代の太陽光発電装置「ペロブ www.nikkei.com

これって、私たちが「これは来る!」と思って株を追加購入するようなもの。政府も本気で「化ける」と踏んでるから、こうした優遇制度を導入しているんです。

次世代エネルギーを支える!ペロブスカイト太陽電池関連銘柄3選

さて、ペロブスカイト太陽電池について説明してきましたが、具体的にどの銘柄を買えばいいのか気になりますよね。

そこでここからは、ペロブスカイト太陽電池関連銘柄を3つご紹介します。

-日本株
-