日本株

積水ハウス、過去10年間の通期業績とキャッシュフロー推移を分析

住宅市場のリーダー積水ハウス!成長戦略と詳細な財務データを徹底分析

上記記事の続きです。

2025年1月期に大幅成長 - 営業利益3,000億円の予測!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 296cc3df0198490c3a31969ae517bda6.jpg

2025年1月期の予測では、売上高は38,750億円で、前期比24.7%の増加が見込まれています。営業利益は3,000億円で、前期比10.7%の増加が期待されています。経常利益も2,730億円で、前期比1.8%の増加、当期利益は2,090億円で、前期比3.3%の増加が予測されています。

2024年1月期は、売上高が31,072億円で前期比6.1%増加し、営業利益は2,709億円で前期比3.6%増加しました。経常利益は2,682億円で前期比4.3%増加、当期利益は2,023億円で前期比9.6%増加しています。

全体的に見ると、積水ハウスの業績は2021年から安定的に成長しており、2025年にはさらに大きな成長が予測されています。特に、売上高、営業利益、経常利益、当期利益の全てにおいて増加が期待されています。

2024年1月期の営業キャッシュフローが大幅減少

2024年1月期の営業キャッシュフローは156億円で、前年の1,254億円から大幅に減少しています。一方、投資キャッシュフローは-691億円であり、財務キャッシュフローは64億円です。現金・現金等価物は2,929億円で、フリーキャッシュフローは-534億円となりました。

2023年1月期には、営業キャッシュフローが1,254億円で、投資キャッシュフローは-1,654億円でした。財務キャッシュフローは-1,557億円で、現金・現金等価物は3,327億円、フリーキャッシュフローは-399億円です。

このように、積水ハウスのキャッシュフローは年度ごとに大きく変動しています。2024年1月期の営業キャッシュフローの大幅な減少やフリーキャッシュフローのマイナスは、今後の財務戦略に注意が必要であることを示しています。

-日本株
-,