広告 スイングトレード

3月のスイングトレードの結果 日本株編

株式投資管理・分析アプリ 『カビュウ』を用いて、3月の日本株のスイングトレード(数日から数週間で売買を完結させる短期売買)の結果を振り返ります。

ダウンロード: https://kaview-app.onelink.me/nrQZ/referral1

登録後に紹介コード【wLMd】を入力すると、カビュウプライム(有料)が2か月無料でご利用いただけます。

勝率

勝ち 45回

負け 29回

勝率 60.8%

確定利益と損失

確定利益 3,201,381円

確定損失 741,852円

プロフィットファクター

プロフィットファクター(Profit Factor)とは、トレードや投資の戦略の効率を測るための指標の一つです。

これは、獲得した総利益を総損失で割った値によって計算されます。

プロフィットファクターが示すのは、投資によって得られる収益が損失に対してどれだけ多いかを表します。

一般的に、プロフィットファクターが1より大きい場合、そのトレード戦略は利益をもたらしていると見なされます。

逆に、1未満の場合は損失が利益を上回っていることを示しています。

確定利益が3,201,381円、確定損失が741,852円の場合、プロフィットファクターは約4.32です。

これは、1円の損失に対して約4.32円の利益があったことを意味します。

平均利益と損失

平均利益 71,139円

平均損失 25,581円

ペイオフレシオ

ペイオフレシオは、トレードや投資戦略のパフォーマンスを評価するための指標の一つです。

この指標は、平均的な勝ちトレードの収益を平均的な負けトレードの損失で割った値で表されます。

簡単に言えば、ペイオフレシオは一回の勝ちトレードで得られる平均的な利益が、一回の負けトレードで被る平均的な損失に対してどれだけ多いかを示します。

プロフィットファクターが総利益と総損失の比率に焦点を当てるのに対し、ペイオフレシオは平均的な勝ちトレードと負けトレードの比率に注目します。

これにより、トレーダーは自分の戦略が一貫して効果的であるかどうか、またどの程度リスクに見合ったリターンを提供するかを評価することができます。

平均利益が71,139円、平均損失が25,581円の場合、ペイオフレシオは約2.78です。これは、一回の負けトレードで被る平均的な損失に対して、勝ちトレードではその約2.78倍の利益があることを意味します。

最大利益率・最大損失率

最大利益率 23%

最大損失 -7%

3月のスイングトレード VS.3月の日経平均

3月のスイングトレード 2.5%
(IN金額 94,850,199円、 out金額 97,309,728円 )

3月の日経平均 3.07%

結果 アンダーパフォーム

まとめ

3月のスイングトレード戦略は有効であり、健全なプロフィットファクターとペイオフレシオを記録。

勝率も60.8%と高く、良好。

ただし、3月の日経平均のパフォーマンス(3.07%)と比較すると、スイングトレードの成績(2.5%)はやや劣っている。

全体として、現在のトレード戦略は利益を生み出しているものの、市場全体の成績に追いつくためにはさらなる最適化が必要。

短期の投資戦略

続きの内容は、有料記事となります。

記事を購入していただくか(300円)、メンバーシップに加入して、メンバーになっていただくことで、読むことができます。

メンバーシップは、初月無料ですので、月末までに退会すればご負担0円で、お試しすることができます。

また、kabukura.aiで有料部分の内容を公開していますので、そちらでも確認することができます。

続きの記事では、日本株の売買記録、注目したい経済指標、日本株のポートフォリオと損切りラインを書いています。

なお、この後の有料記事は、「お試しプラン」の方は読むことができないので、「スタンダードプラン」のメンバーシップにご加入ください。

【徹底分析】個別株 決算&財務諸表を解説|きらくの個別株観測所 メンバーシップでは、毎月、1つ500円の記事(動画付き)を4つ出しています。 メンバーシップ(お試しプラン)に加入し、株 note.com

-スイングトレード
-,