米国株(US STOCK)

17セクター別のパフォーマンス 米国株編(1週間・1か月、2024/04/27)

17セクター別のパフォーマンス(1週間・1か月、2024/04/27)

以下は、先週の順位からの変動を含めた各セクターの1週間と1ヶ月のパフォーマンスのリストです。

  1. Technology (テクノロジー)
    • 1週間: +5.55% (先週 16位→順位: 1位)
    • 1ヶ月: -3.84% (先週 12位→順位: 12位)
  2. Information Technology (情報技術)
    • 1週間: +3.94% (先週 15位→順位: 2位)
    • 1ヶ月: -4.85% (先週 15位→順位: 15位)
  3. Cyclical Consumer Goods (景気連動型消費財)
    • 1週間: +2.78% (先週 13位→順位: 3位)
    • 1ヶ月: -5.61% (先週 13位→順位: 16位)
  4. Consumer Discretionary (一般消費財)
    • 1週間: +2.67% (先週 10位→順位: 4位)
    • 1ヶ月: -4.26% (先週 12位→順位: 14位)
  5. Basic Materials (基本素材)
    • 1週間: +2.24% (先週 12位→順位: 5位)
    • 1ヶ月: +2.83% (先週 2位→順位: 1位)
  6. Real Estate (不動産)
    • 1週間: +1.87% (先週 11位→順位: 6位)
    • 1ヶ月: -1.91% (先週 10位→順位: 9位)
  7. Financial Services (金融サービス)
    • 1週間: +1.70% (先週 3位→順位: 7位)
    • 1ヶ月: +0.34% (先週 6位→順位: 5位)
  8. Defensive (ディフェンシブ)
    • 1週間: +1.65% (先週 5位→順位: 8位)
    • 1ヶ月: -3.17% (先週 9位→順位: 11位)
  9. Consumer Staples (生活必需品)
    • 1週間: +1.61% (先週 2位→順位: 9位)
    • 1ヶ月: -1.29% (先週 7位→順位: 8位)
  10. Energy (エネルギー)
    • 1週間: +1.51% (先週 9位→順位: 10位)
    • 1ヶ月: +1.70% (先週 3位→順位: 3位)
  11. Capital Goods (資本財)
    • 1週間: +1.49% (先週 8位→順位: 11位)
    • 1ヶ月: -2.79% (先週 8位→順位: 10位)
  12. Other (その他)
    • 1週間: +1.46% (先週 14位→順位: 12位)
    • 1ヶ月: -1.11% (先週 14位→順位: 7位)
  13. Materials (素材)
    • 1週間: +1.42% (先週 7位→順位: 13位)
    • 1ヶ月: +2.43% (先週 1位→順位: 2位)
  14. Financial (金融)
    • 1週間: +1.31% (先週 1位→順位: 14位)
    • 1ヶ月: -0.63% (先週 5位→順位: 6位))
  15. Utilities (公益事業)
    - 1週間: +1.30% (先週 4位→順位: 15位)
    - 1ヶ月: +0.74% (先週 4位→順位: 4位)
  16. Telecommunications (電気通信)
    - 1週間: +1.09% (先週 6位→順位: 16位)
    - 1ヶ月: -3.85% (先週 11位→順位: 13位)
  17. Healthcare (ヘルスケア)
    - 1週間: +0.57% (先週 17位→順位: 17位)
    - 1ヶ月: -8.98% (先週 17位→順位: 17位)

今週のセクターパフォーマンスの傾向

このデータから見ると、特定のセクターは1週間のパフォーマンスで大幅に順位を上げた一方で、1ヶ月のパフォーマンスでは上昇しているセクターと大きく低下しているセクターが混在しています。この情報から読み取れる点をいくつか挙げます。

  1. 短期的な変動が大きいセクター
    • 例えば、テクノロジーセクターは1週間でトップに躍り出ましたが、1ヶ月ではマイナスです。これは市場の変動に敏感であることや、短期的なニュースやイベントの影響を受けやすいことを示している可能性があります。
  2. 安定している、または改善しているセクター
    • 基本素材エネルギーなどのセクターは、1ヶ月のパフォーマンスが良好です。これは比較的市場状況が安定している、または市場環境に適応して成長していることを示しています。
  3. 長期的な潜在力を考慮する
    • 1ヶ月のパフォーマンスがマイナスであっても、特定の業界が将来的に回復または成長する可能性を持っているかもしれません。例えば、ヘルスケアは短期的には苦戦していますが、人口の高齢化や技術革新などの要因が長期的な成長を支えると期待されています。

このデータをもとに、投資家はセクターごとのリスクと機会を評価し、ポートフォリオを調整するための洞察を得ることができます。

1週間のパフォーマンス順位と1ヶ月のパフォーマンス順位の乖離

1週間のパフォーマンス順位と1ヶ月のパフォーマンス順位の乖離が大きいセクターのベスト5は以下の通りです(乖離が大きい順)

  1. Information Technology (情報技術)
    • 1週間のパフォーマンス順位: 2
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 15
    • 順位の乖離: 13
  2. Cyclical Consumer Goods (景気連動型消費財)
    • 1週間のパフォーマンス順位: 3
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 16
    • 順位の乖離: 13
  3. Technology (テクノロジー)
    • 1週間のパフォーマンス順位: 1
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 12
    • 順位の乖離: 11
  4. Materials (素材)
    • 1週間のパフォーマンス順位: 13
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 2
    • 順位の乖離: 11
  5. Utilities (公益事業)
    • 1週間のパフォーマンス順位: 15
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 4
    • 順位の乖離: 11

これらの結果は、特定のセクターが短期間でどのように市場の感情や外部要因に影響を受けやすいかを示しています。

特に、情報技術と景気連動型消費財は短期間で大きな変動が見られるため、これらのセクターに投資する際は注意が必要です。

資金が流入しているセクター

資金が流入しているセクターは、1ヶ月のパフォーマンスがプラスになっているセクターを指します。

1ヶ月のパフォーマンスがプラスであるセクターは以下の通りです。

  1. Basic Materials (基本素材)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: +2.83%
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 1位
  2. Energy (エネルギー)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: +1.70%
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 3位
  3. Materials (素材)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: +2.43%
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 2位
  4. Utilities (公益事業)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: +0.74%
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 4位
  5. Financial Services (金融サービス)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: +0.34%
    • 1ヶ月のパフォーマンス順位: 5位

これらのセクターは比較的良好な1ヶ月のパフォーマンスを示しており、他の多くのセクターがマイナスのパフォーマンスを示している中で、投資家からの関心が高まっている可能性があります。

資金が流出しているセクター

資金が流出しているセクターは、1ヶ月のパフォーマンスがマイナスになっているセクターを指します。

1ヶ月のパフォーマンスがマイナスであるセクターは以下の通りです。

  1. Information Technology (情報技術)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -4.85%
  2. Cyclical Consumer Goods (景気連動型消費財)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -5.61%
  3. Consumer Discretionary (一般消費財)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -4.26%
  4. Real Estate (不動産)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -1.91%
  5. Defensive (ディフェンシブ)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -3.17%
  6. Consumer Staples (生活必需品)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -1.29%
  7. Capital Goods (資本財)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -2.79%
  8. Other (その他)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -1.11%
  9. Financial (金融)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -0.63%
  10. Telecommunications (電気通信)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -3.85%
  11. Healthcare (ヘルスケア)
    • 1ヶ月のパフォーマンス: -8.98%

これらのセクターは1ヶ月のパフォーマンスが負の値を示しており、短期的には資金が流出している可能性があります。

特にヘルスケア、景気連動型消費財、情報技術セクターのパフォーマンスの低下が目立ちます。

これらのセクターは市場の不確実性や様々な外部要因に影響を受けやすい可能性があり、投資家は慎重な判断が求められます。

-米国株(US STOCK)
-,