広告 米国株(US STOCK)

2023年第3四半期 TSLAの決算と財務諸表を分析(2023年11月8日)

テスラの株は買うべき?

テスラの株を買うべきか悩んでいる

GOOGL

テスラの株を持っているけど、このまま持ちつづけて大丈夫?

TSLA

こういったお悩みや疑問に答えます。

動画で内容を確認したい方は、下記の動画をご覧ください。

@observatory1111 【前編】 テスラ(TSLA)の最新決算と財務諸表を分析(2023年第3四半期) #tsla #米国株 ♬ オリジナル楽曲 - 個別株観測所

記事の内容

  1. 割安性の分析: テスラの過去1年間と過去3年間の平均PERを基に、テスラの株価の割安性を分析します。
  2. 成長性の分析: 売上高や営業利益の成長率の推移を元に、テスラの成長性を分析します。
  3. 効率性の分析: 営業利益率を用いて、競合のフォード(F)やゼネラルモーターズ(GM)と比較しながら、テスラの経営の効率性を分析します。
  4. キャッシュフローの分析: 営業キャッシュフローとアクルアールを元に、テスラの現金の生成能力やその安定性を分析します。
  5. 財務の健全性に関する分析: 自己株式調整済み負債比率や固定長期適合率を基に、テスラの財務の健全性を分析します。
  6. 総合的な評価と考察: 財務諸表の分析結果を基に、テスラの株を買うべきか、売るべきか、テスラの株の保有者は、テスラの株を持ち続けるべきかを考察します。

記事の信頼性

記事を書いている私(きらく)は、投資歴5年の投資家で、年間200冊以上の決算書を読む決算書マニアです。運用資産は、1500万程度。

TSLA

このブログでは、企業の業績、成長性や財務の健全性等についての情報を発信していますので、左下の赤いベルの購読ボタンを押していただければ嬉しいです。

ただし、今すぐ購読ボタンを押す必要はありません。記事の内容を見て、「有益だな」と思った方は、ポチッと購読ボタンを押して頂けたらと思います。

【テスラは、何の会社?】

TSLA

テスラは、アメリカのテキサス州に本社を置く、電気自動車や太陽光発電などの開発・製造・販売を行っている企業です。

具体的なテスラの製品のラインナップとしては、

  • Model Y,Model Xなど:電気自動車
  • Cybertruck:ピックアップトラック
  • Powerwallなど:家庭用のリチウムイオンバッテリーによるエネルギー貯蓄システム
  • Autopilot&Full Self-Driving(FSD):テスラ車の自動運転機能

などが挙げられます。

また、Teslaの共同創業者兼CEOは、世界的に有名な起業家イーロン マスク氏が務めています。

テスラ 2023年第3四半期決算の結果

2023年10月にテスラは第3四半期決算を発表しており、

・第3四半期のEPSは、アナリスト予想73セントに対し、結果66セント

アナリスト予想クリアならず(✕)

・売上高は、アナリスト予想241億ドルに対し、結果233.5億ドル

アナリスト予想をクリアならず(✕)

・売上高成長率は、前年同期比8.8%

という結果でした。

EPSと売上高については、アナリスト予想を下回っており、前年同期比で見た売上高成長率は、8.8%でした。

TSLAの2023年第3四半期の内容について、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

また、EPSについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

割安性の分析

TSLA

テスラの過去1年間と過去3年間の平均PERを基に、テスラの株価の割安性を分析します。

過去1年間と過去3年間の平均PER

2023年11月8日時点のテスラのPERについては、financecharts.comによると下記のとおりです。

  • 過去3年間の平均PER: 234.24
  • 過去3年間の平均株価(EPS3.1で算出): 726.14ドル
  • 過去1年間の平均PER:61.91倍
  • 過去1年間の平均株価(EPS3.1で算出):191.92ドル
  • 2023年11月8日時点のPER:71.67倍
  • 2023年11月8日時点の株価:222.18ドル

となっています。

2023年11月8日時点でのPERは71.67倍となっており、これは過去1年間の平均よりやや高いですが、3年平均と比べると大きく減少しています。株価も222.18ドルと過去1年間の平均よりは高い水準にあります。


PERについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

PERについて詳しく解説

割安性の評価

PERが過去3年間の平均(234.24倍)から大きく減少して71.67倍となっており、過去1年の平均PER(61.91倍)と比べてもわずかに高い状態であることから、テスラの株価は過去のデータと比較して適正価格に近いか、やや割高な状態にあると考えられます。

ただし、テスラが今後どの程度成長するか、また市場全体の状況や経済状況を含めた多くの要因によって、この評価は変わる可能性があります。

もしテスラがこれまでのような成長を続け、市場がその成長を期待しているのであれば、現在のPERも適正と捉えられるかもしれません。

逆に、成長が鈍化するか、リスクが高まると見られている場合は割高と捉えられる可能性があります。

以上を踏まえ、テスラの割安性を「B」と評価します。

割安性(S, A, B, C, D)
B
割安性の評価基準
S: 高度に安定した絶対的な成長を持つ企業。営業利益ともに高い成長率を持ち続け、業界内でのリーダーシップを確立している。競合他社に比べて圧倒的な優位性や独自性を持っている。
A: 高い成長を持つ企業だが、Sほどの絶対的な優位性はない。営業利益の成長は安定しており、業界内でもトップクラスの実績を持つ。一時的な変動はあるものの、中長期的に見て順調な成長を続けている。
B: 中程度の成長を持つ企業。営業利益ともに成長しているが、一時的な停滞や低下が見られることも。競合との差別化は確立しているが、業界内での地位は安定していない場合がある。
C: 成長が鈍化しているか、不安定な企業。営業利益の成長率が低下している時期や、一時的な大きな落ち込みが見られる。競合他社との差別化が難しく、業界内での地位も揺らぎやすい。
D: 低成長または成長が見られない企業。営業利益ともに停滞または減少しており、業界内での競争力が低い。長期的な成長の見込みが低く、ビジネスモデルの再検討や方針転換が必要な状況。

成長性の分析

TSLA

売上高や営業利益の成長率の推移を元に、テスラの成長性を詳しく分析します。

売上高

2023年第3四半期のテスラの売上高は、233.5億ドルでした。

前年同期比の成長率は、8.8%で、過去8四半期で最も低い成長率となりました。

テスラの売上高は、全体的に増加傾向にありますが、四半期ごとの変動が見られます。

成長率に関しては、高い成長を維持していた期間がありますが、最近では成長の鈍化が見られる四半期も出てきました。

特に2023年第3四半期の8.8%は、比較的低い成長率となっており、今後の動向が注目されます。

営業利益

2023年第3四半期のテスラの営業利益(四半期ごと)については、17.64億ドルでした。

前年同期比の成長率は、-52.2%で、過去8四半期で最も低い成長率となりました。

テスラの営業利益(四半期ごと)は2020年第4四半期から2022年第1四半期にかけて急成長し、その後2022年第2四半期から第4四半期まで成長率49%から87%の間で安定した成長を維持していました。

しかし、2023年第1四半期から第3四半期までの期間は成長率の下降トレンドが顕著であり、営業利益の大幅な減少が見られました。

成長性の評価

売上高に関しては、緩やかな成長が確認されるものの、営業利益に関しては成長率の大幅な下降が見られます。

この2つのデータを総合的に評価すると、テスラの成長性は現在の時点では安定しているとは言い難いです。

したがって、5段階評価(S, A, B, C, D)の中で、テスラの成長性を「C」 と評価します。

今後の営業利益の回復や成長率の動向に注目が必要です。

成長性(S, A, B, C, D)
C
成長性の評価基準
S: 高度に安定した絶対的な成長を持つ企業。営業利益ともに高い成長率を持ち続け、業界内でのリーダーシップを確立している。競合他社に比べて圧倒的な優位性や独自性を持っている。
A: 高い成長を持つ企業だが、Sほどの絶対的な優位性はない。営業利益の成長は安定しており、業界内でもトップクラスの実績を持つ。一時的な変動はあるものの、中長期的に見て順調な成長を続けている。
B: 中程度の成長を持つ企業。営業利益ともに成長しているが、一時的な停滞や低下が見られることも。競合との差別化は確立しているが、業界内での地位は安定していない場合がある。
C: 成長が鈍化しているか、不安定な企業。営業利益の成長率が低下している時期や、一時的な大きな落ち込みが見られる。競合他社との差別化が難しく、業界内での地位も揺らぎやすい。
D: 低成長または成長が見られない企業。営業利益ともに停滞または減少しており、業界内での競争力が低い。長期的な成長の見込みが低く、ビジネスモデルの再検討や方針転換が必要な状況。

効率性の分析

TSLA

営業利益率を用いて、競合のフォード(F)やゼネラルモーターズ(GM)と比較しながら、テスラの経営の効率性を分析します。

営業利益率

2023年第3四半期のテスラの営業利益率については、今期は7.55%となっています。

  • テスラは2021年第4四半期からの数四半期で高い営業利益率を記録していましたが、最近の数四半期では下落傾向にあります。これには多くの要因が考えられますが、市場競争の激化や生産コストの増加が考えられます。
  • フォードは営業利益率の変動が大きいことが特徴で、短期間での大きな変動が見られます。
  • GMは安定した営業利益率を維持しており、テスラやフォードと比較して事業の安定性やリスク管理が高いとも言えるかもしれません。

効率性の評価

  • 2021年第4四半期から2022年第1四半期まで、テスラは高い営業利益率を記録しており、フォードやゼネラルモーターズと比較してもトップの位置にありました。
  • しかし、2023年第1四半期から2023年第3四半期にかけて、営業利益率は減少傾向にあり、特に2023年第3四半期では7.55%まで下がっています。

これを基に、テスラの経営の効率性を評価すると「B」と評価するのが妥当と考えられます。

初めの数四半期で非常に高い効率性を持っていたものの、最近の四半期では効率性が落ちているため、テスラの効率性を「B」と評価しました。

しかし、テスラがこれからの四半期でどのような戦略をとり、効率性を回復するかを見極めることが重要です。

効率性(S, A, B, C, D)
B
効率性の評価基準
S: 業界トップの営業利益率を持ち続け、他の競合よりも高い利益率を維持している。
A: 高い営業利益率を維持しており、一貫して業界の中で上位に位置している。
B: 業界の平均的な営業利益率を維持しており、変動があるものの大きな問題は見られない。
C: 一貫して業界の平均以下の営業利益率で、効率性の向上の余地が見られる。
D: 業界の中で最下位の営業利益率を持ち続けている。

キャッシュフローの分析

TSLA

営業キャッシュフローとアクルアールを元に、テスラの現金の生成能力やその安定性を分析します。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローは、企業の営業活動から発生した現金収入です。

2023年第3四半期のテスラの営業キャッシュフローについては、過去12四半期で5番目に高い33.08億ドルでした。

成長率については、過去8四半期で2番目に低い-35.1%でした。 

テスラの営業キャッシュフローは短期的な変動が多いものの、全体としては成長傾向にあると言えますが、最近の四半期では挑戦的な状況に直面している可能性が考えられます。

営業キャッシュフローマージン

売上高に占める営業キャッシュフローの割合を示した営業キャッシュフローマージンについては、過去8四半期で四番目に高い14.17%となりました。

また、競合のフォード(F)やゼネラルモーターズ(GM)と比較すると、テスラは非常に高い営業キャッシュフローマージンを持っているものの、その数字は四半期によって大きく変動しています。

一方、フォードとGMはより安定した営業キャッシュフローマージンを示しており、これは彼らのビジネスがより予測可能で安定していることを示唆しています。

なお、「MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法」によると、営業キャッシュフローマージンは、理想として15%から35%程度あると素晴らしいとされています。

アクルアール

アクルアールは、会計上の利益である純利益と現金収入である営業キャッシュフローの差額です。

アクルアールの値がマイナスとなる企業は、現金収入を伴った質の高い利益を生み出していると判断されます。

一方で、アクルアールの値がプラスとなる企業は、会計上の利益に対して実際の現金収入が少なく、現金収入を伴わない質の低い利益しか生み出せていないと判断されます。

2023年第3四半期のテスラのアクルアールについては、今期は-14.55億ドルとなり、現金収入を伴った質の高い利益を生み出せています。

2022年第4四半期を除いてテスラは一貫して現金収入が会計上の利益を上回る状況を維持しており、全体的には質の高い利益を生み出していると評価できます。

なお、アクルアールなどの基本的な財務諸表の読み方については、「たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室」という本で、会計初心者向けに分かりやすく解説されていますので、より詳しい内容を知りたい方はそちらをご覧ください。

キャッシュフローの評価

テスラの営業キャッシュフローは総じて強力であり、特に質の高い利益を継続的に生み出している点が評価できます。

しかし、成長率の減速と四半期ごとの変動の大きさが懸念されるため、最高評価であるSは付けられません。安定性をもう少し考慮する必要がありますが、全体的には良好です。

そのため、テスラのキャッシュフローの評価は「A」とします。

キャッシュフロー(S, A, B, C, D)
A
キャッシュフローの評価基準
S: 最高の評価であり、企業の営業キャッシュフローが非常に強く、成長が持続しており、非常に安定しています。営業キャッシュフローマージンが業界トップレベルで、変動が少なく、アクルアールが継続的に正の値を示していることが必要です。
A: 非常に良い評価であり、企業の営業キャッシュフローは強力で、ほとんどの指標で業界平均を上回っていますが、最高評価に至るにはわずかな懸念点があります。例えば、成長率が一時的に低下しているか、あるいは四半期ごとの変動が若干大きいことが挙げられます。
B: 良い評価であり、企業は健全な営業キャッシュフローを持っていますが、いくつかの改善点があります。これには、成長率の不安定さ、営業キャッシュフローマージンの業界平均以下、またはアクルアールの変動などが含まれます。
C: 平均的な評価であり、企業は基本的なキャッシュフロー要件を満たしていますが、成長の機会が限られているか、安定性に欠ける可能性があります。営業キャッシュフローマージンが低かったり、アクルアールが一貫性を欠いている場合にこの評価が適用されます。
D: 不十分な評価であり、企業の営業キャッシュフローに重大な問題があります。成長率が大幅に低下していたり、営業キャッシュフローマージンが非常に低い、または負のアクルアールが継続していることが挙げられます。これは企業の現金生成能力に対して深刻な懸念があることを示しています。

財務の健全性に関する分析

TSLA

自己株式調整済み負債比率や固定長期適合率を基に、テスラの財務の健全性を分析します。

自己株式調整済み負債比率

自己株式調整済み負債比率は、企業の抱える負債が純資産(自己株式を除く)に対してどれだけの比率を占めているのかを表す指標です。

この比率が低ければ低いほど、企業は少ない負債で運営されており、その結果、財務が健全であると見なされます。

「史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力」によると、自己株式調整済み負債比率が0.80を切ることが望ましいとアメリカの著名な投資家である、ウォーレン・バフェットは言います。

2023年第3四半期のテスラの自己株式調整済み負債比率については、過去5四半期で最も低い0.73となりました。

TSLAの自己株式調整済み負債比率は一貫して減少傾向にあり、2023年第1四半期以降はバフェットの設定した基準値0.80を下回っています。

これは、時間をかけて企業の負債レベルが減少しており、財務がより健全になっていることを示しています。

固定長期適合率

固定長期適合率は、企業の固定資産の購入費用が、安定した資金で賄えているかどうかを示す指標です。

一般的に、この比率が100%以下であると、企業の固定資産が安定した資金でまかなえており、会社の財務状況が安定していると判断できます。

2023年第3四半期のTSLAの固定長期適合率は、72.68%であり、安定した財務状況であることが確認できます。

2022年第3四半期から2023年第3四半期にかけてのデータを見ると、テスラの固定長期適合率は一貫して低下しています。

例えば、2022年第3四半期には79.18%であったのが、2023年第3四半期には72.68%まで低下しています。

財務の健全性の評価

テスラの財務状況を評価すると、自己株式調整済み負債比率が0.80を切っており、さらに固定長期適合率も100%以下の72.68%となっているため、安定した財務基盤を持っていることが伺えます。

これは、長期的な視点で見ても、負債をうまく管理し、資産を有効に活用していることを示唆しています。

これらの指標が示すテスラの財務状況は、負債が適切に管理されており、安定した資金で固定資産を賄えているという非常に好ましい状態です。

したがって、テスラの財務の健全性は「A」としました。

財務の健全性(S, A, B, C, D)
A
財務の健全性の評価基準
S: 極めて健全な財務状況を示し、負債比率が非常に低く、資本構成が堅固である。リスクに対する耐性が非常に高く、将来の成長への投資能力が優れている。
A: 健全な財務状況を示し、負債比率が低く安定している。資本構成に問題がなく、将来の変動に対しても強い耐性を持つ。
B: 標準的な財務状況を示し、業界平均を反映している。適度な負債比率を保ちつつ、資金繰りには注意が必要。
C: やや財務状況に課題がある。負債比率が高く、資本構成に改善の余地がある。経済環境の変化により資金繰りに影響が出る可能性がある。
D: 財務状況に重大な問題があり、非常に高い負債比率を抱えている。返済リスクが高く、将来の不確実性が大きい。

総合的な評価と考察

財務諸表の分析結果を基に、テスラの株を買うべきか、売るべきか、テスラの株の保有者は、テスラの株を持ち続けるべきかを考察します。

総合評価

テスラの総合的な評価としては、「B」としました。

営業利益率の低下や成長性の不安定さが若干の懸念事項であるものの、全体的には強力なキャッシュフローと財務の健全性が高い評価を受けています。

将来の成長ポテンシャルや市場の変動によっては、状況が改善する可能性もあるため、現在のところ「B」という評価が適切であると考えられます。

財務の健全性(S, A, B, C, D)
B
総合評価の評価基準
S: 最も優れた評価。非常に強力な財務指標、圧倒的な成長性、効率性、および業界内での優位性を示す。非常に良好な投資機会を意味し、リスクに対するリターンが非常に高い状態。
A: 強い評価。優れた財務指標、安定した成長性、効率性を持ち、良好な投資機会を提供する。リスクはあるが、リターンはそれを上回る可能性が高い。
B: 良好な評価。一定の強さを持つ指標があるが、いくつかの懸念点も存在する。投資機会としてはまだ魅力的だが、リスク要因を考慮する必要がある。
C: 平均的な評価。いくつかのポジティブな要素があるが、懸念材料も同等に存在する。将来の見通しに不確実性があり、慎重な投資判断が求められる。
D: 弱い評価。複数の財務指標に問題があり、リスクが高い。投資としては魅力が乏しく、リターンを期待するには根拠が不足している。

テスラの株を売るべき?

テスラ株の投資判断については、「buy」、「sell」、「hold」のうち、「Hold」と評価しました。

Holdの理由:

  • 現在の株価は過去のPERと比較してやや高いものの、割安感もあります(割安性の評価: B)。
  • 成長性の評価(C)は平均的であり、営業利益に関しては成長率の大幅な下降が見られますが、売上は成長しています。
  • 効率性の評価(B)は、初期の高い営業利益率からの減少を示していますが、依然として業界内で良好です。
  • キャッシュフローは強力(A)であり、これは投資を継続する理由になります。
  • 財務の健全性も良好(A)であり、リスクが管理されていることを示しています。

投資判断「Hold」は、2023年11月8日時点でテスラ株を売却するに足る明確な悪化のサインが見られないが、新たに購入するには十分な割安感や成長見込みが確認できない、と判断しました。

ただし、以下の点に留意してください:

  • 個人の投資目的、投資期間、リスク許容度を考慮する必要があります。
  • マーケットの全体的な状況や経済の見通し、業界内の動向も考慮するべきです。
  • 投資判断は常に最新の財務情報、企業発表、市場データに基づいて定期的に見直すべきです。

また、投資にはリスクが伴うため、最終的な判断は個人の責任で行ってください。

分析して欲しい米国株・日本株のリクエストを受け付けています

最後までお読みいただきありがとうございました。

もし、この米国株・日本株を財務分析して欲しいなど、リクエストがあれば、youtube・tiktokのコメント欄やX(旧twitter)などで教えていただければ幸いです。

-米国株(US STOCK)
-, , , , , ,