日本株

33業種のパフォーマンス 日本株編 (2024/6/14)

直近5日間で急上昇!石油・石炭製品と機械業界が躍進

日本株の業種別の株価パフォーマンスについて、直近5日間の動きを見ていきましょう。

パフォーマンスが良かった業種と悪かった業種について解説していきます。

まずは、5日間でパフォーマンスが良かった業種トップ3から見ていきましょう。

パフォーマンスが良かった業種

  1. 石油・石炭製品 (+6.00%, Rank 1)
    石油・石炭製品業界は、この5日間で最も高いパフォーマンスを示しています。原油価格の上昇や需給バランスの改善が主な要因です。
  2. 機械 (+4.01%, Rank 2)
    機械業界は、堅調な需要と生産活動の回復により、高いパフォーマンスを記録しています。特に製造業の活況が影響しています。
  3. 非鉄金属 (+1.46%, Rank 3)
    非鉄金属業界は、金属価格の上昇が追い風となっています。特に電気自動車や再生可能エネルギー関連の需要が影響しています。

パフォーマンスが悪かった業種

次に、5日間でパフォーマンスが悪かった業種トップ3を見ていきましょう。

  1. 海運業 (-5.10%, Rank 33)
    海運業界は、運賃の下落や需要の減少が影響し、最も低いパフォーマンスを示しています。特に国際的な貿易摩擦や経済の減速が影響しています。
  2. 証券業 (-4.31%, Rank 32)
    証券業界は、株式市場の不安定な動きや取引量の減少により低迷しています。市場のボラティリティが高まると、証券会社の収益にマイナスの影響を与えることが多いです。
  3. 医薬品 (-3.25%, Rank 31)
    医薬品業界は、特許切れによる競争激化や新薬開発の遅れが影響し、パフォーマンスが低迷しています。さらに、規制強化や価格圧力もマイナス要因となっています。

輸送用機器械業界が低迷 - 1ヶ月間の業種別株価パフォーマンス

日本株の業種別の株価パフォーマンスについて、直近1ヶ月間の動きを見ていきましょう。パフォーマンスが良かった業種と悪かった業種について解説していきます。

まずは、1ヶ月間でパフォーマンスが良かった業種トップ3から見ていきましょう。

パフォーマンスが良かった業種

  1. 保険業 (+8.85%, Rank 1)
    保険業界は、収益性の向上とともにパフォーマンスが向上しています。特に新規契約の増加や保険料の引き上げが好影響を与えています。
  2. 石油・石炭製品 (+8.03%, Rank 2)
    石油・石炭製品業界は、原油価格の上昇が追い風となっています。エネルギー価格の上昇が収益に寄与しています。
  3. 電気・ガス業(+5.94%, Rank 3)
    電気・ガス業界は、エネルギー価格の安定や規制の緩和がパフォーマンスを押し上げています。特に再生可能エネルギーへの投資やインフラ整備が影響しています。

パフォーマンスが悪かった業種

次に、1ヶ月間でパフォーマンスが悪かった業種トップ3を見ていきましょう。

  1. 輸送用機器械 (-6.46%, Rank 33)
    輸送用機器械業界は、供給チェーンの問題や半導体不足が影響し、最も低いパフォーマンスを示しています。特に自動車産業の生産停滞が影響しています。
  2. パルプ・紙 (-5.52%, Rank 32)
    パルプ・紙業界は、原材料価格の上昇と需要の減少が影響しています。特に紙製品の需要低迷がパフォーマンスにマイナスの影響を与えています。
  3. ゴム製品 (-4.97%, Rank 31)
    ゴム製品業界は、原材料費の高騰や需要の変動が影響し、低迷しています。特にタイヤ市場の停滞が影響しています。

保険業も好調!業種別株価パフォーマンスランキング - 直近2ヶ月間の動向

業種別の株価パフォーマンスについて、直近2ヶ月間の動きを見ていきましょう。

パフォーマンスが良かった業種と悪かった業種について解説していきます。

まずは、2ヶ月間でパフォーマンスが良かった業種トップ3から見ていきましょう。

パフォーマンスが良かった業種

  1. 海運業 (+11.65%, Rank 1)
    海運業界は、2ヶ月間で最も高いパフォーマンスを示しています。運賃の上昇や輸送需要の増加が主な要因です。特に国際物流の需要が高まっています。
  2. その他製品 (+10.06%, Rank 2)
    その他製品業界は、製品ラインナップの多様化や新規需要の増加により高いパフォーマンスを記録しています。特に消費財や産業製品の需要が伸びています。
  3. 保険業 (+9.54%, Rank 3)
    保険業界は、契約数の増加や保険料の引き上げが好影響を与えています。特に生命保険や損害保険の新規契約が増加しています。

パフォーマンスが悪かった業種

次に、2ヶ月間でパフォーマンスが悪かった業種トップ3を見ていきましょう。

  1. 輸送用機器械 (-13.84%, Rank 33)
    輸送用機器械業界は、供給チェーンの問題や半導体不足が影響し、最も低いパフォーマンスを示しています。特に自動車産業の生産停滞が影響しています。
  2. 陸運業 (-10.86%, Rank 32)
    陸運業界は、物流コストの増加や需要の減少が影響しています。特に国内物流の需要が低迷していることが影響しています。
  3. パルプ・紙 (-10.80%, Rank 31)
    パルプ・紙業界は、原材料価格の上昇と需要の減少が影響しています。特に紙製品の需要低迷がパフォーマンスにマイナスの影響を与えています。

石油・石炭製品が78.59%増!直近1年間の業種別株価パフォーマンスランキング

今回は業種別の株価パフォーマンスについて、直近1年間の動きを見ていきましょう。パフォーマンスが良かった業種と悪かった業種について解説していきます。

まずは、1年間でパフォーマンスが良かった業種トップ3から見ていきましょう。

パフォーマンスが良かった業種

  1. 石油・石炭製品 (+78.59%, Rank 1)
    石油・石炭製品業界は、過去1年間で最も高いパフォーマンスを示しています。原油価格の大幅な上昇やエネルギー需要の増加が主な要因です。
  2. 海運業 (+61.07%, Rank 2)
    海運業界は、運賃の上昇と輸送需要の増加により、顕著なパフォーマンスを記録しています。特に国際的な物流需要の高まりが影響しています。
  3. 証券業 (+58.56%, Rank 3)
    証券業界は、株式市場の活況や取引量の増加が影響しています。特に株価の上昇やIPOの増加が収益を押し上げています。

パフォーマンスが悪かった業種

次に、1年間でパフォーマンスが悪かった業種トップ3を見ていきましょう。

  1. 空運業 (-9.71%, Rank 33)
    空運業界は、パンデミックの影響が続き、需要の回復が遅れていることが影響しています。特に国際線の運航制限や旅行需要の低迷が大きく影響しています。
  2. 陸運業 (-8.87%, Rank 32)
    陸運業界は、物流コストの増加や需要の変動が影響しています。特に国内の輸送需要の低迷がマイナス要因となっています。
  3. 医薬品 (-2.79%, Rank 31)
    医薬品業界は、パンデミック関連需要の一巡や競争の激化が影響しています。新薬の開発コストや規制の影響もパフォーマンスに影響しています。

上記グラフのバックデータはこちら

業種5日1ヶ月2ヶ月1年
石油・石炭製品+6.00% (Rank 1)+8.03% (Rank 2)+5.99% (Rank 4)+78.59% (Rank 1)
海運業-5.10% (Rank 33)-0.82% (Rank 21)+11.65% (Rank 1)+61.07% (Rank 2)
証券業-4.31% (Rank 32)+5.58% (Rank 4)+0.50% (Rank 15)+58.56% (Rank 3)
保険業-0.85% (Rank 20)+8.85% (Rank 1)+9.54% (Rank 3)+57.79% (Rank 4)
銀行業-2.21% (Rank 28)+0.50% (Rank 15)+3.27% (Rank 11)+55.21% (Rank 5)
鉱業+1.39% (Rank 4)-1.73% (Rank 26)-7.58% (Rank 28)+49.09% (Rank 6)
電気・ガス業-1.49% (Rank 26)+5.94% (Rank 3)+1.33% (Rank 11)+42.47% (Rank 7)
非鉄金属+1.46% (Rank 3)+4.36% (Rank 6)+2.84% (Rank 8)+34.76% (Rank 8)
その他金融業-1.19% (Rank 24)+2.00% (Rank 11)-2.92% (Rank 23)+30.25% (Rank 9)
卸売業+0.28% (Rank 10)-1.19% (Rank 23)+0.59% (Rank 15)+29.73% (Rank 10)
不動産業-0.73% (Rank 18)-1.66% (Rank 25)-10.46% (Rank 30)+28.89% (Rank 11)
その他製品-0.74% (Rank 19)+3.61% (Rank 7)+10.06% (Rank 2)+28.03% (Rank 12)
輸送用機器械-1.85% (Rank 27)-6.46% (Rank 33)-13.84% (Rank 33)+24.24% (Rank 13)
建設業-0.02% (Rank 12)-0.33% (Rank 17)-1.89% (Rank 21)+23.33% (Rank 14)
機械+4.01% (Rank 2)+1.60% (Rank 13)+2.01% (Rank 10)+23.02% (Rank 15)
ガラス・土石製品+0.62% (Rank 8)-0.41% (Rank 18)-4.58% (Rank 25)+20.98% (Rank 16)
金属製品+1.14% (Rank 5)-1.17% (Rank 22)-0.61% (Rank 20)+20.96% (Rank 17)
倉庫・運輸関連業+0.52% (Rank 9)+5.02% (Rank 5)+4.61% (Rank 6)+19.59% (Rank 18)
鉄鋼-0.66% (Rank 16)-0.54% (Rank 19)-6.39% (Rank 27)+18.74% (Rank 19)
電気機器+0.96% (Rank 6)+3.03% (Rank 8)+1.14% (Rank 13)+16.00% (Rank 20)
ゴム製品-0.34% (Rank 15)-4.97% (Rank 31)-3.11% (Rank 24)+12.85% (Rank 21)
小売業-1.00% (Rank 21)+1.20% (Rank 14)-2.87% (Rank 22)+12.69% (Rank 22)
化学+0.16% (Rank 11)+2.24% (Rank 10)+0.26% (Rank 18)+12.65% (Rank 23)
水産・農林業-1.18% (Rank 23)-4.70% (Rank 26)-4.82% (Rank 26)+12.47% (Rank 24)
食料品-1.26% (Rank 25)-1.57% (Rank 24)+0.55% (Rank 16)+10.51% (Rank 25)
サービス業-0.20% (Rank 13)+1.73% (Rank 12)+1.26% (Rank 12)+10.47% (Rank 26)
パルプ・紙-0.10% (Rank 14)-5.52% (Rank 32)-10.80% (Rank 31)+9.25% (Rank 27)
精密機器-0.67% (Rank 17)-0.75% (Rank 20)+7.25% (Rank 4)+8.06% (Rank 28)
情報・通信+0.73% (Rank 7)+2.46% (Rank 9)-0.47% (Rank 19)+6.33% (Rank 29)
繊維製品-1.12% (Rank 22)-0.14% (Rank 17)+0.90% (Rank 14)+0.48% (Rank 30)
医薬品-3.25% (Rank 31)-2.02% (Rank 29)+2.17% (Rank 9)-2.79% (Rank 31)
陸運業-2.49% (Rank 29)-4.95% (Rank 30)-10.86% (Rank 32)-8.87% (Rank 32)
空運業-2.47% (Rank 30)-3.98% (Rank 28)-9.60% (Rank 29)-9.71% (Rank 33)

-日本株
-,